看護教員の新人募集はあるものなの?

2bosyu

2bosyu看護教員として働く場合、
だれもが最初は新人として働くことになります。

でも、新人教員の募集というのは、
実際にはあるものなのでしょうか?

 

看護教員の募集状況をチェックしてみると、
新人教員の募集というのは決して少ない数ではありません。
比較的多い状況になっているといえます。

これは、看護教員を育てていくことが
重要であるということも関係しています。

 

今、日本は高齢化社会を迎えていて、
看護師の職場は医療現場だけではなく、
介護や福祉、そして教育などさまざまな分野にあります。

これだけ看護師の需要が高い状況が続くと、
医療現場では特に人手不足に悩むことになりますよね。

 

人手不足は医療に重大な支障が出てくる可能性もある大問題です。
看護師を育成する為にも、
看護教員の必要性が高まっているんです。

看護教育をする看護教員は、
もともと高度な専門性があり、
さらに臨床技術に関する知識や技能を持っている必要があります。

 

その上、指導者としての人格、
教育をするという熱意、
資質なども求められるんです。

看護教員となるためには、
臨床経験が5年以上、さらに看護教員養成講習会を受講していること
などさまざまな条件があります。

 

基本的にはどちらの要件も満たしていることが必要なのですが、
臨床経験5年以上があれば、
応募自体は可能という専門学校もありますよ。

新人として募集し、
実際に教員として働きながら教員としてのキャリアを積むことで、
より経験豊かな教員となることができます。

 

そのため、新人教員の募集というものも、
多く見られるんですよ。