看護大学の公募、本当に平等な選考?

4koubo

4koubo看護大学で看護教員になりたい。
という場合、
まずは看護大学が行っている教員の公募に応募することになります。

この公募に合格しなければ、
看護大学の教員職には就くことができません。

 

公募なんてあまりないんじゃないか?
と思うかもしれませんが、インターネットで検索をしてみると、
意外に多くの公募が実施されています。

 

看護大学の場合には、
得意とする専門分野で教員募集を行っているということもありますので、
もし、応募条件などを見て、当てはまる。
と思える時には、公募に応募してみるといいですよね。

ただ、公募に応募するときにはいくつかの注意点もあります。

 

公募と聞くと、
イメージとしてどのようなものだと思いますが?

応募条件を満たしている人を広く公平に選考する募集形式。
と考えている人もいるかもしれません。

 

でも、実際に公募に応募してみようと思うと、
この短期間でこれだけの書類などを提出することは不可能。
と思えるような条件を出している公募もあるんです。

 

実は、もともと採用者は決まっているものの、
形式として公募という体裁を整える必要がある。
という場合でも、公募が行われることがあります。

「出来レース」と呼ばれているこのような形式上の公募は、
どんなに努力をして応募書類を揃えても、
無駄に終わってしまうケースもあるんですよ。